目には見えないナノ領域の新奇スピン物性に挑む

Information

Date. 2013/04/15
ホームページを更新しました。
Date. 2011/03/15
研究室のホームページをリニューアルしました。

»BACK NUMBER

  • 北海道大学
  • オープンファシリティ
  • CRIS 北海道大学創成研究機構

  私達は、「スピン」と「ナノ」をキーワードとして、電子スピンが起源となる磁性やスピン物性の研究を、主として表面、超薄膜、ナノ構造体を対象に行っています。試料が微小化することで、構造の対称性が破れ、バルク材料にはない新奇磁気・スピン物性が発現します。実験には、スピン偏極走査電子顕微鏡(スピンSEM)、スピン偏極走査トンネル顕微鏡、スピン偏極電子分光装置、4探針付走査トンネル顕微鏡/走査電子顕微鏡、物性計測装置等、当研究室で開発した計測装置や特注高性能計測装置を含む、当研究室ならではの装置を用います。