研究装置PageBack

スピン偏極電子分光装置

スピン偏極電子分光装置

スピン偏極電子分光装置

  • 試料から放出される電子のエネルギーとスピンを分析して表面、超薄膜磁性を調べます。
  • 真空度:1×10-10 Torr
  • 試料温度:150 K〜1000 K
  • 元素分析:AES
  • 結晶解析:LEED
  • 試料クリーニング:イオン銃
  • エバポレータ、膜厚計付

AFM/MFM Veeco NanoScope V

AFM/MFM Veeco NanoScope V

AFM/MFM Veeco NanoScope V

  • 試料表面の凹凸をナノメータの分解能で観察でき(AFM)、また試料表面からの漏れ磁場分布を数十ナノメータの分解能で画像化することもできます。(MFM)。

超高真空極低温STM/AFM

超高真空極低温STM/AFM

超高真空極低温STM/AFM

  • 試料の温度を変え、磁場を印加した状態で試料表面の凹凸を原子分解能で観察するAFM/STMです。
  • 磁場: -8〜8 T
  • 試料温度: 2 K〜400 K
  • 試料クリーニング: イオン銃
  • 真空度: 5 X 10-11 Torr

スピンSEM

スピンSEM

スピンSEM

  • 試料のナノ領域から出てくる電子のエネルギーとスピンの方向がわかります。
  • 試料の組成も結晶構造もわかります。
  • 大気圧の10兆分の1の超高真空中で試料を保持し、試料温度 30K〜400Kにわたって、試料の清浄表面を維持できます。
  • この装置を使って表面、超薄膜、ナノ構造体を観察し、これらの磁気的性質を研究しています。

LT-STM/AFM

LT-STM/AFM

LT-STM/AFM

  • 導体、絶縁体の表面構造を原子分解能で観察できます。
  • STS機能によって、導体の状態密度を検出できます。
  • 試料温度:4K〜400K
  • 真空度:5×10-11 Torr

4プローブ付きSEMシステム

4プローブ付きSEMシステム

4プローブ付きSEMシステム

  • ナノファブリケーションによる電極形成無に、ナノ構造体の電気伝導に関する様々な物性を調べることができます。
  • 試料温度:30K〜室温
  • 真空度:1×10-10 Torr
  • SEM分解能:3 nm
  • STM機能付き

PPMS

PPMS

PPMS

  • 電気抵抗、比熱、ゼーベック係数、磁化、トルク、帯磁率測定ができます。
  • 試料温度:2K〜400K
  • 印可磁場:0〜±14T

磁区観察用自作Kerr顕微鏡

磁区観察用自作Kerr顕微鏡

磁区観察用自作Kerr顕微鏡

  • 磁気カー効果を利用した反射光学顕微鏡で、試料表面の磁化の3成分を分離して磁区観察することができます。
  • 磁場:−1〜1 T
  • 試料温度:室温〜200℃

自作MOKE

自作MOKE

自作MOKE

  • 磁気カー効果を利用し、試料表面の微小領域のヒステリシスループを測定することが可能です。
  • 磁場:−500〜500 Oe
  • ビーム系:<5 μm

FZ単結晶育成装置

自作MOKE

FZ単結晶育成装置

  • 温度:〜2100℃

  • 下軸ストローク:Max. 150 mm
  • 上軸ストローク:Max. 150 mm
  • 育成速度:1.0〜20.0 mm/h
  • 主軸回転数:6〜60 rpm

超高真空 STM

超高真空 STM

  • 試料クリーニング:イオン銃

  • 元素分析:AES
  • 真空度:1×10-11Torr

多目的超高真空装置

多目的超高真空装置

  • 真空度:1×10-10 Torr

真空蒸着装置

真空蒸着装置

  • 真空度:1×10-5 Torr

  • 加熱電流:50 A

スポット溶接機・結晶カッター・研磨機

スポット溶接機・結晶カッター・研磨機

北海道大学 大学院理学院 物性物理学専攻 スピン・ナノ物性研究室
北海道札幌市北区北10条西8丁目 理学部5号館(高層棟)2F 2-19室
Tel/Fax:011-706-2685 E-mail:koike@phys.sci.hokudai.ac.jp
  • 北海道大学
  • オープンファシリティ
  • CRIS 北海道大学創成研究機構