松王 政浩 (Masahiro MATSUO)

略 歴

1988.3 京都大学文学部卒
1988.4 京都大学大学院文学研究科修士課程入学
1990.3 京都大学大学院文学研究科修士課程修了
1990.4 京都大学大学院文学研究科博士課程進学
1993.3 京都大学大学院文学研究科博士課程研究指導認定退学
1996.3 京都大学大学院文学研究科博士課程修了(京都大学博士(文))
1997.4 日本学術振興会特別研究員 (2000.3まで)
2001.4 静岡大学情報学部助教授 (2006.2まで)
2006.3 北海道大学大学院理学研究院教授 (現在に至る)

所属学会

日本科学哲学会、科学基礎論学会(評議員)、科学技術社会論学会、北海道哲学会、関西哲学会

研究領域

もともとライプニッツの哲学(可能世界論、力学論)を中心に研究を行っていたが、その後、情報の哲学(倫理)および科学哲学一般に研究領域を拡げる。現在は特に、リスク予測に関わる科学の確からしさなど、社会的関心の高い科学問題を科学哲学の視点から(モデル論、「科学と価値」論、確率統計の哲学などを下敷きに)捉えることに関心をもっている。

業績(最近の主なもの)

[※2003年以前の主な業績は、»こちら

著書

  • 『誇り高い技術者になろう 工学倫理ノススメ』[第2版](共著、黒田光太郎/戸田山和久/伊勢田哲治編、執筆箇所は第二部4-1), 名古屋大学出版会, 2012.7.
  • 『科学技術倫理学の展開』(共著・石原孝二/河野哲也編、執筆箇所は第8章「情報倫理」)、玉川大学出版部、2009.12
  • 『岩波講座 哲学 09「科学/技術の哲学』(共著、飯田隆/伊藤邦武他編、執筆箇所は「概念と方法」の章)、岩波書店、2008.9
  • 『誇り高い技術者になろう 工学倫理ノススメ』(共著、黒田光太郎/戸田山和久/伊勢田哲治編、執筆箇所は第二部4-1), 名古屋大学出版会, 2004.4.

訳書

論文

解説記事・書評・報告

  • 「第47回大会ワークショップ報告 III.哲学的因果論と個別科学の接点」, 『科学哲学』48-1 , pp.85-86, 2015.7.
  • 「研究倫理入門」(技術者倫理シリーズ), 『PE 技術士』10 (574), pp.16-19, 2014.10.
  • (書評論文)一ノ瀬正樹著『放射能問題に立ち向かう哲学』, 『社会と倫理』29号(南山大学)pp.132-136, 2014.10.
  • 口頭発表

    • Matsuo, M.'Some philosophical veiwpoints on the model selection theory', International Symposium in The Institute of Statistical Mathematics -- What is a good model? Evidential statistics, information criterion and model evaluation., 13 January (12-13 Jan.), 2016, Tokyo, Japan.
    • Matsuo, M.'Value free of not, in terms of whether qua science or qua scientists', 15th Congress of Logic, Methodology and Philosophy of Science (CLMPS), 5 August (3-8 Aug.), 2015, Helsinki, Finland.
    • 「AICと科学的実在論〜ソーバーの議論再考」, 第2回統計科学の哲学 研究会, 北海道大学, 2015.3.9.
    • 「ライプニッツの因果的時間論の再検討」, シンポジウム「ライプニッツの可能性」提題, 北海道哲学会, 2014.12.20.
    • ワークショップ「哲学的因果論と個別科学の接点」(オーガナイザ), 日本科学哲学会, 2014.11.16(南山大学)
    • 「気候変動シミュレーションと社会との接点」, ワークショップ「気候シミュレーションの人文学」提題, 応用哲学会, 2014.5.10.
    • 「科学者の価値判断と規範について」応用倫理研究会,北海道大学,2013.11.3
    • 「地球温暖化問題と科学コミュニケーション 哲学者と科学者と社会学者が討論」(科学技術社会論学会シンポジウム2013さっぽろ,札幌ユビキタス協創広場U-cala(サッポロファクトリー),2013.9.27
      » シンポジウム録画(Ustream)
      » シンポジウムのガイドブック
    • 「Forster-SoberのAIC評価をめぐって」第1回統計科学の哲学 研究会,慶応大学三田キャンパス,2013.7.17
    • 「価値設計問題としてのクラウド〜クラウドの倫理問題について」イベント「クラウド時代における知的社会基盤のサステナビリティを考える」に於ける提題(招待講演)第10回情報科学技術フォーラムFIT2011,函館大学,2011.9.
    • Matsuo, M.'Where the Opposition to Value Free Science Should Be Revised', 14th Congress of Logic, Methodology and Philosophy of Science (CLMPS), 21 July (19-26 July), 2011, Nancy, France.
    • 「科学基礎論教育としての科学哲学」,科学基礎論学会講演会,愛媛大学,2011.6.
    • Matsuo, M.'A Possible Reformation of Science Communicaion with the Aid of Philosophy of Science', Society for Social Studies of Science, 35th Annual Meeting, 25-29 August, 2010, Tokyo.
    • Matsuo, M. 'Philosophcal Approach th the Disputes Over Global Warming Science', The 4th International Conference on Philosophy (AT.IN.E.R.), 1-4 June, 2009, Athens, Greece.
    • 「応用哲学としての環境倫理学〜温暖化科学を題材に〜」ワークショップ「応用哲学としての環境倫理学 -- 環境プラグマティズムを超えて」(提題),応用哲学会第一回研究大会, 京都大学, 2009.4.
    • 「予防原則の合理性」ワークショップ「リスクにおける意思決定と社会的合理性」(提題), 日本倫理学会第58回大会,新潟大学,2007.10.
    • 「技術者倫理教育の成績評価法」ワークショップ提題,科学技術社会論学会, 北海道大学, 2006.11.
    • 「コミュニケーション基礎概念としての『自律』と『階層』」,中部哲学会大会シンポジウム「情報とコミュニケーション」提題, 岐阜大学, 2003.10.

    講演

    • 「誇り高い研究者を目指して」筑波技術大学天久保キャンパス, 平成27年度研究倫理教育講演会, 2016.2.8.
    • 「研究不正にどう向き合うべきか -- 個人として、組織として」電力中央研究所(我孫子地区),第154回安全キャラバン, 2015.9.1.
    • 「日本学術振興会特別研究員申請セミナー」, 北海道大学, 2015.4.7.
    • 「芸術に先立つ、カメラ・オブスキュラの経験的意味〜フェルメールは何に驚いたか?」, 北海道芸術学会アートトークvol.31, 2014.6.21.
    • 「研究者に必要な倫理観とは」2014年度第3回分子イメージングセンターミーティング, 放射線医学総合研究所, 2014.6.2.
    • 「研究倫理とどう向き合うか」筑波大学図書館情報メディア学研究科 FD研修会講演,筑波大学,2011.9.
    • 'How do we count upon modeling and computer simulation for choosing our way?', 4th lecture in THEIST (The Healthy bEing Interdisciplinary Studies Team), Hokkaido University, 1st December, 2008.
    • 「北大における科学コミュニケーション教育の現状と課題」第17回倫理創成研究会、神戸大学、2007.11.
    • 「時空間情報発信は人間の価値於判断をかえる」第8回高度測位社会基盤フォーラム(基調講演)、2003.7.

    科研費(研究代表者)

    • 平成28年度〜31年度、基盤研究(B)「科学教育の一環としての統計学認識論に関する教育カリキュラム構築」(課題番号:16H03050, 研究分担者:島谷健一郎(統数研),森元良太(北海道医療大))
    • 平成25年度〜27年度、基盤研究(C)「科学における価値判断に関する教育プログラム構築」(課題番号:2535022303)
    • 平成22年度〜24年度、基盤研究(C)「科学的方法論を主題とした理系学生の教育プログラム構築」(課題番号:22500837)
    • 平成17年度〜19年度、基盤研究(C)「公共空間内監視カメラ設置指針策定のための応用倫理的研究およびデータベース作成」(課題番号:17500582)
    • 平成15年度〜16年度、基盤研究(C)「情報倫理教育における情報科学思想教育の実践的展開について」(課題番号:15500582)